院長ブログ

  • お問い合わせ
  • bnr_tel_sp.png

2017.09.22更新

  7時間30分のフライト。

 ジャカルタは乾燥しているので東京よりもむしろ涼しいくらいでした。時差は2時間なので時差ボケの心配はありません。空港に着くとジャランジャランツアー(JJT)の社長さんが迎えに来てくれていました。

インドネシア語は“テレマカシ”(ありがとう)くらいしか覚えていないので、助かります。その方の車でホテルへ向かいました。ジャカルタの交通渋滞は有名でしたので覚悟はしていましたはが、当日は帰宅時間より少し早かったので、それ程の渋滞に巻き込まれることはありませんでした。大気汚染も北京の方が酷いように思えました。道路を見るとほとんどが日本車でトヨタばかりです。インドネシアの方が日本好きなのがよくわかりました。

ナシゴレン

一般的なインドネシア料理(ナシゴレン以外、インドネシア料理そのものがよくわかりません。)の夕食後、翌日のセミナーに向けてその日は早めに就寝しました。

 

  セミナー1日目。

    会場のホテルまでは車で5分くらいですが、タクシーもちょっと危険なので、JJTの車で送ってもらいます。 会場のセッティングはJJTのスタッフさんがしてくてれてありました。通訳さんも日本語をインドネシア語に直接訳してくれます。こんな人がいると本当に助かります。セミナー会場ホテル

 参加者は大体ご家族連れで来ているみたいで、合計約20人。

  患者さんは10人足らずというところでしょうか。1時間ほどPLDDについて話しました。

  その後の質問コーナー。こういうセミナーに参加してくれる患者さんはみんな熱心です。こちらからもお願いをしてありましたが、予めMRIを用意して来ています。

  参加者が順番に質問して来るんですね。セミナーで講義を聞くよりも自分はPLDDの適応があるのかどうか。そのことに一番の関心があるようです。

「自分の症状はこうで、レントゲンとMRIはこれだ。PLDDで楽になれるか?」

  とストレートに聞いてきます。質問というよりはカウンセリングという感じです。

  その方にとって切実な問題ですから、当然の状況だなあと思いました。

セミナーの様子1

  それぞれの方に適応の有無をできるだけ丁寧に説明しました。中には「自分は10数年前にドイツで頚椎と腰椎を2回ずつ手術しているが、まだ、痛むんだ。レーザーで楽になりますか?」とレントゲン写真を持って来た70代の男性がいました。当然、PLDDの適応ではないのでお断りさせていただきました。また、83歳の男性ですが、「頚椎と腰椎両方にヘルニアがあると言われている。 ぜひPLDDを受けてみたいんだが、適応はありますか?」と聞いて来た方がいらっしゃいました。年齢の割にしっかりした骨で、 ではっきりとしたヘルニアがあり、ヘルニアに一致した根症状もありました。

 「PLDDでよくなる可能性は十分ありますよ。」と答えると、嬉しそうに「来日する準備を勧めます。」と言ってくれました。 結局、PLDDの適応の患者は5人ほどこられました。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

  • 医療法人社団優愛会 目黒ゆうあいクリニック MEGURO YOU+I CLINIC オフィシャル サイト official site
  • 院長ブログ