院長ブログ

  • お問い合わせ
  • bnr_tel_sp.png

2017.09.22更新

  セミナー2日目

2日目

 

 この日は日曜日でした。インドネシア政府の方針でこの日は主要道路を通行止にして運動不足の市民に運動をさせる日だったようです。

2日目22日目3

  会場のホテル前の道路は人で溢れ、屋台などの出店もありました。お祭りみたいです。当然、買い食いは危険なので禁止です

 我々も会場まで10数分徒歩で向かいました。参加予定の方も来場が大変だったようで、半数が遅刻されました。

  そこで講演はそこそこにカウンセリングを中心に行いました。

   日本から突然来た1医者に真剣に悩みを訴える参加者の真剣さに気が引き締まりました。

 2日間のセミナーを終え、その日の便で帰国しました。

患者さんの来日に繋がればいいのですが・・・

お土産

 

お土産は怖いものが多くて買えませんでした。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2017.09.22更新

  7時間30分のフライト。

 ジャカルタは乾燥しているので東京よりもむしろ涼しいくらいでした。時差は2時間なので時差ボケの心配はありません。空港に着くとジャランジャランツアー(JJT)の社長さんが迎えに来てくれていました。

インドネシア語は“テレマカシ”(ありがとう)くらいしか覚えていないので、助かります。その方の車でホテルへ向かいました。ジャカルタの交通渋滞は有名でしたので覚悟はしていましたはが、当日は帰宅時間より少し早かったので、それ程の渋滞に巻き込まれることはありませんでした。大気汚染も北京の方が酷いように思えました。道路を見るとほとんどが日本車でトヨタばかりです。インドネシアの方が日本好きなのがよくわかりました。

ナシゴレン

一般的なインドネシア料理(ナシゴレン以外、インドネシア料理そのものがよくわかりません。)の夕食後、翌日のセミナーに向けてその日は早めに就寝しました。

 

  セミナー1日目。

    会場のホテルまでは車で5分くらいですが、タクシーもちょっと危険なので、JJTの車で送ってもらいます。 会場のセッティングはJJTのスタッフさんがしてくてれてありました。通訳さんも日本語をインドネシア語に直接訳してくれます。こんな人がいると本当に助かります。セミナー会場ホテル

 参加者は大体ご家族連れで来ているみたいで、合計約20人。

  患者さんは10人足らずというところでしょうか。1時間ほどPLDDについて話しました。

  その後の質問コーナー。こういうセミナーに参加してくれる患者さんはみんな熱心です。こちらからもお願いをしてありましたが、予めMRIを用意して来ています。

  参加者が順番に質問して来るんですね。セミナーで講義を聞くよりも自分はPLDDの適応があるのかどうか。そのことに一番の関心があるようです。

「自分の症状はこうで、レントゲンとMRIはこれだ。PLDDで楽になれるか?」

  とストレートに聞いてきます。質問というよりはカウンセリングという感じです。

  その方にとって切実な問題ですから、当然の状況だなあと思いました。

セミナーの様子1

  それぞれの方に適応の有無をできるだけ丁寧に説明しました。中には「自分は10数年前にドイツで頚椎と腰椎を2回ずつ手術しているが、まだ、痛むんだ。レーザーで楽になりますか?」とレントゲン写真を持って来た70代の男性がいました。当然、PLDDの適応ではないのでお断りさせていただきました。また、83歳の男性ですが、「頚椎と腰椎両方にヘルニアがあると言われている。 ぜひPLDDを受けてみたいんだが、適応はありますか?」と聞いて来た方がいらっしゃいました。年齢の割にしっかりした骨で、 ではっきりとしたヘルニアがあり、ヘルニアに一致した根症状もありました。

 「PLDDでよくなる可能性は十分ありますよ。」と答えると、嬉しそうに「来日する準備を勧めます。」と言ってくれました。 結局、PLDDの適応の患者は5人ほどこられました。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2017.09.22更新

  当院では開業3年目から腰椎椎間板ヘルニアに対してのPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)を始め、好評をいただいております。

 4年前からは頚椎に対しても行っており、こちらも満足いく成績を残しています。

 手術件数は腰椎では約800件、頚椎も50件を数え、ほぼ90%の患者様に満足いく結果を残しています。

 自由診療で高額なものですから毎月何十人もの患者様という訳にはいきません。症例を吟味し、適応は慎重に検討して行っております。入院できない会社員の方や、手術を拒否する患者様においては日帰りの手術は喜んでいただいているものと自負しております。  

 この治療の経過の中で5年前、日本人なのですがインドネシアのジャカルタで料理学校を経営しているIさんという50代の男性が当院のホームページをご覧になり、帰国の際に受診されました。

 主訴は立位での左坐骨神経痛で、MRIではL4/5の左側に椎間板ヘルニアがみられ、左L5神経根領域に知覚障害と筋力低下を認めました。「日本で治療を受けたいが仕事の都合で入院できない。」という理由でPLDDを希望されておりましたので、数日後、PLDDを施行しました。手術は順調に終わり術後症状も軽減してインドネシアに帰られました。

plane

 数ヶ月後、そのIさんに紹介されたというインドネシアの方がご家族を伴ってはるばるジャカルタから来日されました。

 ご自分で通訳の方も手配されての受診でした。60代の男性でしたが、通訳さんによると「Iさんはとても良くなって元気に仕事をしている。是非、自分にも同じ手術をしてくれ。」と言うのです。

 この方も腰椎に少々の変形は伴っているものの、主症状はL5/S1のヘルニアによる根症状でした。数日後PLDDを行いましたが、症状は軽減し、ご家族と日本観光を楽しんで帰国されました。

 それから数週おきにインドネシアからメールや郵便での問い合わせがくるようになりました。みなさん当院でPLDDを受けた患者さんから紹介されたと言うのです。

 症状を書いたメールとインドネシアやシンガポールの病院で撮ったMRIを送ってくるのです。その都度、適応があるかどうか診断し、返信していきました。これは効きそうだな、という方もいれば、これは流石にPLDDでは無理だろうという症例もありました。適応のない患者様には丁寧に病状を説明し、お断りをさせていただいております。

 そして、現在では数ヶ月おきにインドネシアから患者さんが受診されるようになっています。合計約20例の患者様が来院され、手術を受けていただいております。

 昨年、患者を連れてきてくれた旅行会社(ジャランジャランツアー)の添乗員の方(実は社長さんでした。)から次のような提案がありました。

 

1.インドネシアは世界第4位の人口があり、貧富の差が激しい。

2.インドネシアの富裕層の人は自国の医療制度に非常に不満を持っていて、あまり信用していない。

3.インドネシアではインフラ整備や自動車産業など日本との関係が深く、医療においても日本の信用度は高い。日本で治療を受けたいと思っている人が多くいる。

4.インドネシアの富裕層の人々にPLDDをもっと広めるべきではないか。

というのです。

 

 私も治療していて、インドネシアの人はPLDDを受けられるだけでとっても喜んでくれているような感じがしていました。日本人は手術を受けたことは隠しがちですが、彼らは手術の効果を自覚すると友人や知人にどんどん勧めてくれます。 本当に“いい患者様”が多いんですね。

 そして、今年、決断しました。

「待っているだけではよくない。こちらから働きかけよう!

       まず、ジャカルタでセミナーを開くことだ。」

 前述のツアー会社にお願いしてセミナー会場を設定してもらい、2泊3日で2回のセミナーを予定しました。強行軍です!

 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2017.05.26更新

みなさん今日は

 

少し前の話ですが、ゴールデンウィークの最後にちょっと思いついて

新幹線に飛び乗りました。

鼻でかっ!

 

行き先はここです。

京都の鞍馬寺です。

新緑の鞍馬寺は晴天にも恵まれ、とても気持ちよかったですよ。

鞍馬寺

鞍馬寺といえば

この人。

義経

誰かわかりますか?

そうです。源義経です。

鎌倉時代の永遠のヒーローです。

義経が幼少期、牛若丸と呼ばれていた頃、この鞍馬山で天狗と修行をしたという逸話は有名ですよね。

兄の頼朝との仲がうまくいかず、31歳という若さで自害に追い込まれた

悲運のヒーローです。

それにしても、この写真。

有名ですが、もう少しカッコいいものはなかったのでしょうか?

僕はこの写真を見るたびに少し残念な気がします。

タッキー

宇治川の戦い、一ノ谷の戦い、壇ノ浦の戦いと華々しい戦果を挙げたヒーローには

やっぱりタッキーのイメージの方が似合いますよね。

熾烈な戦国時代を華々しく戦い、

潔く散った義経の面影を偲んで、

明日への活力をいただいたゴールデンウィークの最後でした。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2017.02.27更新

朝日

東京マラソンの日

早起きして、交通規制の始まる前にアクアラインを一路東へ。

勝浦の遠見岬神社の「ビック雛祭り」を見てきました。

勝浦big雛祭り1

長い石段全てにお雛様が並べられています。壮観な眺めでした。

全部で何体いるんでしょうか?到底数え切れません。

天気も良くお雛様一体一体の顔も晴れ晴れとしていました。

近所のおばちゃんたちが朝市よろしく、屋台でお土産を売っています。

おまんじゅうなどいくつか買って帰ります。

名物の勝浦坦々麺のお店は行列ができていたので、

諦めました。

また改めて来ますね。

 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2017.02.25更新

土曜日の午後、クリニックのスタッフと

目黒通りの神乃珈琲に行ってきました。

神乃珈琲1

本格的なドリップコーヒーを堪能しました。

店員さんたちの丁寧な対応と笑顔が印象的なお店で、とても参考になりました。

こんなお店、いいなあ〜。

神乃珈琲2

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2016.08.05更新

しばらくブログをupしておりませんでした。

申し訳ありませんでした。
院長ブログをもっと書きたいと思います。
つきましては院長ブログがどんなものであるべきか。
について意気込みを少し書きたいと思います。

まず、どんなことを書いていこうかというと、

■その日の日記のような記事
毎日の活動の中で起きた出来事や発見した気づきなど、
面白いなあと思われることも書きたいと思います。

大鳥神社への初詣

■面白いトピックス
医療においては
⑴ 最新で話題の治療法について。
⑵ 生活習慣上、普段何気なく行なっていることの間違いや常識の盲点など
「へ〜、そうなんだ。」と気づいていただける記事をお伝えします。

■整形外科医療の最新情報
整形外科ではEcho下筋膜剥離術やPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)など
当クリニックに特徴的な医療情報をお伝えしたいと思っています。

■up to dateな医療情報の発信
内科や小児科ではインフルエンザの流行時期や対処方法など、
その時々の最新の医療情報を発信していきます。
日常の生活において役に立つものと思います。

■丁寧な説明
記事の中では専門用語をわかりやすく、噛み砕いて説明していきます。
(例1)筋膜って何?
(例2)椎間板って何?
(例3)坐骨神経痛って何?
など一つ一つ理解していただきたいと思います。

■動画
また、説明においては動画も利用していきたいと思っています。
今はもう動画の時代ですよね。

■橋渡し
全体を通してクリニックと患者様を繋ぐ、
“架け橋”のような存在になりたいと思います。
ご愛読よろしくお願いします。

この海の向こうには何があるの?

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2015.02.04更新

 お陰さまで目黒ゆうあいクリニックは今年の6月で開院して満10年を迎えます。

 

ある意味チャレンジである、複合クリニックの行く末を暗示するような大雨の内覧会、

それでもたくさんの方がいらしてくれました。

一人一人に励まされたその言葉は今でも鮮明に思い出されます.

 

 

「大きなもの作ったね。」

「MRIまで入れちゃって、大変なんじゃない?」

「綺麗だねえ。」

「頑張っていいクリニックにしろよ。」 ・ ・・

 

 

新しいコンセプトのクリニックを作りたい。

そんな僕のまさに夢のようなアイデアは多くの銀行に断られ続けました。

「普通にやったほうがいいんじゃない。」というご意見もたくさんいただきました。

 

“普通”という響きがどうしても嫌で、納得できず途方に暮れていた時、

知り合いの社長さんの紹介で外資系の銀行が話を聞いいてくれる事になりました。

精一杯、“複合クリニック”のコンセプトをプレゼンしました。

最初の学会発表よりも緊張した事を昨日のように覚えています。

その結果、

「先生のやる気に融資します。」

と、承認してくれました。

その時の喜びは言い表しようがありませんでした。

 

平成17年6月6日、目黒ゆうあいクリニックは期待と不安の中、

ヨロヨロと船出しました。

今、満10年を迎え、あの時の自分の中での初々しい気持ちを思い出します。

 

Dr.を始め職員はほぼ全員入れ替わりましたが、

クリニックのコンセプトそのものにブレはありません。

まだまだ発展途上です。問題も数多くあります。

先輩方を始め、お世話になった方々への恩返しもまだできていません。

10年過ぎてまだそんな状況でいるのは、

一重に僕の力のなさだと真摯に反省している毎日です。

しかし、「複合クリニックのコンセプトは徐々に周囲に浸透している。」という実感があります。

 

何しろ、Dr.同士の有機的な連携により総合的に診療できること、

複数科を受診した際の再診料が安くて済むこと。

など患者のメリットが一般のクリニックモールと比較して圧倒的に大きいのですから。

 

 

・毎年秋には「ゆうあい文化祭」と称して、出店や巨大迷路などを作り、ご近所の方々を招待しています。

・年に1回1泊2日に限定して病院旅行を続けています。

・月に一回「you+i寄席」を開催し、落語家さんに一席披露していただいています。

・ 歓送迎会、女子会、花見会、納涼会、忘年会は欠かせません。

・ 月に2回、無料の「転倒予防教室」を行っています。

 

「こんなクリニック珍しいよね。」ってよく言われます。

最近は紹介患者も増え、医師会を始め周囲の見る目も変化してきています。

 

11年目からは更に新しいチャレンジをしたいと思います。

『益々発展性のあるクリニックであり続けること。』それが今の目標です。

開院させていただいた時の感謝の気持ちをもう一度、噛み締めて日々の診療に当たりたいと思っています。  

                       

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2014.10.10更新

38度を超える発熱、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、せき、のどの痛みなどで何日間も寝込み、学校や会社を休まなくてはならなくなった経験のある方は多いことでしょう。
 今年もインフルエンザの季節がやってきました。

インフルエンザウイルス

 

季節性インフルエンザのウイルスには、A/H1N1亜型(平成21年に流行した新型インフルエンザと同じもの)、A/H3N2亜型(いわゆる香港型)、B型の3つの種類があり、いずれも流行の可能性があります。



 毎年、人口の5~10%(約600~1300万人)がインフルエンザにかかると想定されています。
 通常日本では、毎年11月下旬から12月上旬にインフルエンザのシーズンが始まり、1~3月にピークを迎えます。

過去10年のインフルエンザの発生数

 

 昨年もそうでしたが、インフルエンザウイルスの感染力は年々強くなっています。
 一般にはインフルエンザワクチンは接種後2週間目ごろから5カ月間程度効果が持続するとされています。
 抗体ができるのには約2週間かかりますので、ワクチン接種は流行が始まってからでは遅いのです。



 インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度抑える効果や、重症化を予防する効果があり、特に高齢者や基礎疾患のある方など、重症化する可能性が高い方には効果が高いと考えられます。(厚生労働省)
 また、厚生労働省は「今年はワクチンの供給量には不安はない」と発表しています。

 

 ワクチン接種に関しては1979年の前橋リポートを筆頭に効果・副作用に関し否定的な意見も多く存在しています。

しかし、米国、予防接種の実施に関する諮問委員会(Advisory Committee on Immunization Practices:ACIP)は
・インフルエンザワクチンの効果は確かに薄いが、罹患率は下がっている。
(「前橋レポート」での高崎市では、罹患率53%→38%程度と、微妙な数値)
・高齢者での重症化を防ぐ効果は顕著に見られる。
(ただし小児の脳症に関しては、サンプル数が少なすぎて未だに有効性が示せていない)
・インフルエンザワクチンによる死亡者も確かに出ているが、ワクチン接種によりインフルエンザによる死亡者を10%減らせると考えても、後者の方が断然多い。
と肯定的な報告をしています。

インフルエンザワクチン接種率国際比較 

 インフルエンザワクチン接種率をみると国別では、かなり差があります。先進国ではほぼ有効な手段として用いられているようです。

 ちなみに日本は平均を下回っており、もっともっと接種率を上げる必要があります。

 

(価格)
一般(13〜64歳)  3,240 円
小児(0~12歳) (2回接種) 5,400 円
家族割り 2,700円

尚、当院ではワクチン接種のお子様対しては「家族割引」というシステムを取り入れており、ご両親・兄弟はお安く接種できます。

ご希望の方はお気軽に当院までご連絡ください。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2014.09.29更新

初めてクリニックに来たとき

9月8日 

国立競技場のピッチがクリニックにやってきました。頼りなくて今にも枯れそうなお姿に愕然!

2020年の東京オリンピックの時には元気な姿で選手を迎えてやるぞ!と決意しました。

10日目

10日目

スタッフの協力もあり、毎日日光に当て、お水をやりました。かなり元気になってきましたが、もっと数が欲しい。

20日目

20日目

今日、散髪のつもりで少し刈り入れてやりました。さっぱりしたね。

2020年のオリンピック開会式まであと何日あるんでしょうか?

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

前へ
  • 医療法人社団優愛会 目黒ゆうあいクリニック MEGURO YOU+I CLINIC オフィシャル サイト official site
  • 院長ブログ