椎間板ヘルニア/坐骨神経痛について

しびれ、痛み、チリチリする感覚…さまざまな症状を引き起こす椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは?

24個の骨が積み重なってできている背骨。その中の椎骨と椎骨の間には、椎間板というクッションのような役割を果たす構造物があります。この椎間板が飛び出してしまっている状態を椎間板ヘルニアといいます。脊椎をスムーズに動かすサポートをしてくれる椎間板が壊れてしまうことで、神経根を圧迫してしまい、痛みや痺れ、力を入れにくいなどの症状が引き起こるのです。

椎間板ヘルニアは主に腰と首に多く起こる症状です。腰の場合は腰痛や下肢の痛みや痺れ、首の場合は首が回らない、上肢の痛みや痺れなどを訴えてご来院される患者様が多くなります。椎間板ヘルニアは30~50代に多い症状ですが、近年は若い方でも多くの方がお悩みです。

herniateddisc.jpg

椎間板ヘルニアの原因と症状

椎間板ヘルニアの症状

  • 腰が痛い

  • 首が痛い

  • 首や肩、腰周りがこる、張る

  • 坐骨神経痛

  • 腰や手足、指先がしびれる

  • ​お尻が痛い、痺れる

  • つま先や脚、手指にチリチリする感覚がある

  • 知覚障害、感覚が鈍いなと感じる

  • 筋力が低下している
    など

椎間板ヘルニアの原因

  • 中腰で重たいものを持った

  • 首や腰を強くひねった

  • ​首や腰に負担のかかる作業をしている

  • 長時間座りっぱなしの仕事をしている

  • 長時間同じ姿勢でいる

  • 猫背である

  • 椎間板の老化
    など

当院の椎間板ヘルニア治療

椎間板ヘルニアは自然治癒するケースもありますが、なかなか治らない場合や重症化している場合には、医療機関できちんと治療されることをおすすめいたします。一般的に、お薬や神経ブロック治療などの保存的治療、もしくは外科手術が主な治療法とされています。

当院では、まず保存的な治療を行い、効果が見込めない場合には「PLDD」というレーザーを用いた手術を行っています。PLDDは全国的にも行っている病院が少ないため、当院にも日本全国から患者様がご来院くださっています。そのほとんどは、これまでさまざまな治療を受けたけれど、効果が得られずになかなか改善しない症状にお悩みの方です。当院では、手術前に入念な検査と丁寧な問診を行い、PLDDが最適な治療法であるのかをしっかりと診査してから手術を実施しています。そのため、約9割の方がご満足いく結果を得られています。

椎間板ヘルニアによる痛みを取り除いて差し上げることはもちろん、患者様が日常生活で最もお困りのことは何なのかをお伺いし、ご不安や不便を解消して差し上げることができる治療をご提供していきたいと思っています。

hernia-img1.jpg